ZERO ENERGY HOUSE

ゼロエネルギーハウス

「環境」「家計」に優しく「災害」に強い家
それが『ゼロ・エネルギー・ハウス』です

ゼロエネルギーハウスとは

ZEH・ゼッチとは…
経済産業省環境省国土交通省が推進する住宅のことで、
シンプルに言い換えると「住宅で消費される電力よりも創出される電力のほうが大きい
(もしくは同等の)住宅」のことを指します。

国を挙げて推進している背景には、2015年に開催されたCOP21(国連気候変動枠組条約:第21回締約国会議)で採択された「パリ協定」があります。パリ協定では地球温暖化防止の施策として、温室効果ガス排出についての対策が各国間で協議されました。
その結果、「2度目標」として知られる「世界の平均気温上昇を工業化以前から2度以内に抑える」という
目標が、各国共通の⾧期目標として策定されました。

この「2度目標」を達成するために、
日本では「2030年にCO2排出量を2013年比で26%削減する」という国際公約を結びました。
その国際公約を果たすための取り組みの一貫が、エネルギー排出量がゼロ以下である住宅
「ゼロ・エネルギー・ハウス」の普及・推進というわけです。

住宅部門においては、「CO2削減目標40%」という大きな目標が課せられています。
この目標を達成するために、国は制度の充実や補助金を出すなどして
ゼロ・エネルギー・ハウスを推進しています。

実際に日本では「2020年までにハウスメーカー等が新築する注文戸建住宅の半数以上をZEHにし、
2030年までに建売戸建や集合住宅を含む新築住宅の平均でZEHを目指す」という目標を掲げています。

ゼロエネルギーハウスのメリット

メリットの項目
光熱費を最小限に

太陽光発電システムが自宅の電力を創り出すとともに、蓄電システムやHEMSなどの省エネ性に優れた設備によって自宅で使用する電力を最小限に抑えることができます。
また、電気料金の上昇も自家発電で賄うため、その負荷をほとんど受けることがありません。

メリットの項目
あらたな収入源に

自家発電した電力量が家庭の消費電力量を上回ったときは電力会社に余った電力を買い取ってもらいます。
毎月5,000 円~15,000円程度の収入が期待できます。

メリットの項目
災害時の備えに

万が一停電になったとしても蓄電システムが電気を供給してくれます。災害大国の日本だからこそ、いざというときのために備えとなります。

メリットの項目
環境に優しいくらし

ZEH によって住まいの消費エネルギーを削減し、太陽光発電などの再生可能エネルギーを利用することで、CO2 を削減、地球温暖化防止など地球環境保全に貢献します。